Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、過酷な環境で利用できる高機能ファイアウォール

マカフィーは、高機能ファイアウォールのラインナップを強化し、新モデル「McAfee Next Generation Firewall 320X」を追加した。

同製品は、過酷な温度条件下でも利用できる高機能ファイアウォールで、アプリケーション制御、不正侵入防止システム、VPN、パケットインスペクションなどの機能を搭載。さまざまなプロトコル層でネットワークトラフィックを解析、可視化できる。

高耐衝撃性、耐振動性を備えるほか、防湿防塵構造を採用。司令拠点、装甲車、採鉱採石場、化学工場、電力施設などでも利用することが可能。

(Security NEXT - 2015/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ソフォス、ファイアウォールの導入支援サービス
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
ソフォスら、サイバー攻撃の検知からブロックまで自動化するソリューション
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト