Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イー・ガーディアン、EC事業者向けに「模造品画像検知システム」

イー・ガーディアンは、人工知能型画像認識システム「ROKA SOLUTION」を活用した「模造品画像検知システム」を、ECサイト事業者向けに提供開始した。

模造品や粗悪品を販売したり、商品が届かないなど、詐欺サイトによる被害が発生しているが、そのような悪質なサイトでは、商品画像の使い回しが行われることが多いことを踏まえ、画像認識システムを模倣品画像の検知に応用。ECサイト事業者向けのシステムを構築した。過去の模倣商品の画像と完全に一致した画像はもちろん、元画像を加工した類似画像を検知できるという。

目視で分類した画像や動画データをシステムで学習して数値化。実際に正しく判定できるか評価を行い、判別能力を向上させることが可能で、目視で発見した模倣品画像を学習させることで、検知精度をさらに向上させるとしている。

(Security NEXT - 2015/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会
BBSS、ネット詐欺対策製品に対ランサムウェア機能を追加