Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPNIC、IPアドレスやAS番号の登録情報管理について注意喚起

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、ドメイン登録情報の改ざん問題を受け、IPアドレスやAS番号の登録情報についても、適切に管理するよう注意喚起を行った。

登録情報を不正に書き換えられる問題は、ドメインだけでなく、IPアドレスやAS番号の登録情報に関しても同様の被害に遭う可能性があることから、あらためて管理状況を確認するよう呼びかけたもの。

ウェブ申請システムのログインに使われている電子証明書の管理について言及。適切なユーザーのウェブブラウザにのみ、 インストールされた状態であることを確認することを求めた。

指定事業者の場合は、資源管理カードの紛失や盗難、必要のない資源申請者証明書が発行されていないかの確認、PIアドレスやAS番号の割り当てを受けている場合は、インストールした電子証明書をエクスポートし、外部へ漏洩していないか、再確認するよう呼びかけている。

さらに「資源管理カード」「資源管理者証明書」「資源申請者証明書」などの不正利用へ注意を促すとともに、whoisコマンドやDNSの問い合わせなどにより、登録情報や設定内容を、定期的に確認するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2014/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布