Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健保組合装う医療費通知の偽メールに注意 - 遠隔操作マルウェアを添付

健康保険組合からの医療費通知を装ったメールで、不正プログラムに感染させようとする攻撃が発生している。誤って添付ファイルを開き、マルウェアへ感染すると端末が遠隔操作されるおそれがある。

トレンドマイクロによれば、医療費通知を装った悪質なメールが出回っているもの。9月中旬ごろから流通しており、年末調整など時期的に関心が高まる話題に便乗した攻撃であると分析する。

問題のメールは、発信元として「健康保険組合」や「健康保険組合運営事務局」などを名乗るのが特徴で、「医療費のお知らせ」と題した圧縮ファイルを添付ファイルとして送り付けていた。

メールの本文では、「保険を利用して診察や診療を受けた方に医療費の負担を知らせています」などと説明。圧縮された添付ファイルを解凍すると、Word文書のアイコンが表示されるものの、拡張子は「.exe」となっており、実際はWord文書を装った不正プログラムだった。

誤って不正プログラムを起動すると、問題なく文書ファイルが開いたように見せかけるため、医療費の通知に関するWord文書を開く一方、その背後でバックドア型不正プログラムが実行されるという。

同社の解析によると、最終的に侵入するのは「BKDR_EMDIVI」。外部から端末を遠隔操作されるおそれがある。コマンド&コントロールサーバは、国内の改ざんサイトに設置されていた。

またメールの文面は複数確認されており、パスワード付きの圧縮ファイルを添付し、別のメールでパスワードを再送するなど、本物のメールと信じ込ませるために巧妙な演出を行う場合もあるという。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を