Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政や独法のパーソナルデータ利用ニーズについて意見募集 - 総務省

総務省は、行政機関や独立行政法人などが保有するパーソナルデータのニーズを把握するために意見募集を開始した。

同省では、7月から「行政機関等が保有するパーソナルデータに関する研究会」を開催し、行政機関や独立行政法人などが保有するパーソナルデータについて調査、検討を実施している。

10月28日の研究会において、公益目的でパーソナルデータの低減データを提供するしくみの導入について、座長試案で提案されたことから、パブリックコメントを通じて意見を募集するもの。

提出された意見については、今後研究会における検討で活用する予定。意見は、メールあるいは郵送で受け付ける。募集期限は11月14日。詳細は同省のサイトから。

(Security NEXT - 2014/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
情報銀行へのデータ提供、7割超が位置情報NG - 「規約すべて読み同意」8%
地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱