Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドレスを偽った迷惑メールは削除を - 日本精神神経学会が注意喚起

日本精神神経学会のメールアドレスを詐称した迷惑メールが多数送られているとして、同学会では注意喚起を行った。

問題のメールは差出人を学会事務局などに偽って送られており、件名は「○○からフォローのリクエストが届いています。承認しますか?」などとなっている。

メール本文には「承認する」「辞退する」などのボタンが表示されているが、同学会ではこれらをクリックせず、メールを速やかに削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 新潟県立看護大
総務省、迷惑メールの情報交換でカナダ当局と協力覚書締結
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大