Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【不正競争防止法違反】不正ID作成ツール提供の男性に略式命令

試用版「Office」のライセンス認証を回避する不正ツールを提供した男性に対し、福井簡易裁判所は10月15日、不正競争防止法にあたるとして罰金50万円の略式命令を出した。

BSA|The Software Allianceの発表によれば、試用版プログラム「Office 2013 Professional Plus」を、機能制限がない製品版として利用できるようにするため、男性は不正な製品IDを偽造する不正ツールを管理するストレージ上で提供していた。

BSAでは、従来よりライセンス認証システムが不正競争防止法の定める「技術的制限手段」であり、不正ツールが同法における「技術的制限手段回避プログラム」にあたるとして同法の適用を求める活動を展開。

今回の事件でもライセンス認証システムのしくみに関する情報提供や同法適用に関する鑑定書等を作成するなど捜査協力を行ってきたとして、今回の略式命令を歓迎するコメントを寄せている。

(Security NEXT - 2014/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
MRTの元従業員が再逮捕、役員宛メールを不正転送
「Office」のID作成ツール提供、不正競争防止法違反で起訴
元従業員が医師などの個人情報を持ち出し - MRT
ベネッセの委託先元従業員が起訴 - ベネッセ「進展見守っている」
ベネッセ、約2260万件の漏洩を確認 - 私物スマホ上に残存