Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか

ソフトバンクの元従業員が、同社の営業秘密であるネットワーク技術を他社へ不正に持ち出したとして、不正競争防止法違反の容疑で1月12日に逮捕されたことがわかった。

同社によれば、楽天モバイルへ転職した元従業員が、営業秘密とされるネットワーク技術情報を不正に持ち出していたことが、2020年2月に判明。その後警察へ被害を申告して捜査に協力し、今回の逮捕に至ったという。

元従業員は同社在籍中、ネットワークの構築業務に従事。退職の申告から退職するまでの間、4Gおよび5Gネットワーク用の基地局設備や、基地局同士や基地局と交換機を結ぶ固定通信網に関する技術情報などを持ち出していた。

通信の秘密や顧客の個人情報、法人取引先に関する情報などに対するアクセス権は与えられておらず、今回持ち出したとされる営業秘密にもこれら情報は含まれないとしている。

同社は、元従業員は楽天モバイルの業務用端末内部に営業秘密を保管し、楽天モバイルがすでに利用している可能性が高いとの認識を示した。

今後、楽天モバイルにおいて同社の営業秘密が事業に利用されることのないよう、利用停止と廃棄を目的とした民事訴訟を提起するとしており、元従業員に対する損害賠償請求を含め、今後の対応を検討するとしている。

(Security NEXT - 2021/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国立病院機構、職員が患者情報約14万件含むPCを持ち出し - オークション落札者の連絡で判明
従業員が個人情報約5000人分を持ち出し、外部提供 - 東急コミュニティー
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市