Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

N国代表、個人情報不正入手で書類送検 - 「相手が開示した」と説明

NHKから国民を守る党の立花孝志代表が、NHKの受信契約者に関する個人情報を不正に取得し、業務を妨害したとして不正競争防止法違反および威力業務妨害の容疑で書類送検された。

同代表がNHKの委託先元従業員から個人情報を得て、外部にばらまくなどとして会長への面会を要求したもので、不正競争防止法違反および威力業務妨害の疑いが持たれている。

今回の問題で、杉並区の住民19人分の個人情報を漏洩したとしてNHKの委託先元従業員も書類送検された。

立花氏は今回の書類送検について、不正競争防止法違反については、NHKの関係者を名乗る人物から連絡があり、撮影して構わないとの話のもと、応じたに過ぎないと自身の記者会見で主張し、容疑を否定した。

威力業務妨害については認めるものの、実際に個人情報をばらまくつもりはなかったと説明。NHKの委託先で個人情報が悪用される詐欺事件が発生しており、会長との面談で容易に取得できる状態であることを指摘するつもりだったとし、起訴された場合に争う姿勢を示した。

(Security NEXT - 2020/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会