Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、企業に求められるセキュリティ対策について、法律やガイドラインの側面から解説した「サイバーセキュリティ関係法令 Q&Aハンドブック」を公開した。

同資料は、平時はもちろん、インシデント発生時も含め、企業で生じるデータの取り扱いやセキュリティ対策を、法的な側面から解説したハンドブック。

サイバーセキュリティ基本法、情報ネットワーク法、個人情報保護法、不正競争防止法はもちろん、労働関連法、会社法、契約関連法、民事訴訟手続、海外法令なども踏まえ、平易な言葉を用いてQ&A方式で多面的に解説した。判例などの情報も含まれる。

A4版312ページで構成されており、同センターのウェブサイトよりPDFファイルを無料でダウンロードすることが可能。印刷した冊子による配布は実施しないという。

(Security NEXT - 2020/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
「CODE BLUE 2021」はハイブリッド開催 - CFPも開始
「情報システムモデル契約」に改訂版 - セキュ仕様の作成プロセスも整理
電気通信事業向け個人情報保護GL解説で改正案 - 意見を募集
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ