Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Conficker」が脅威トップ - 発見から6年経過も依然活発

エフセキュアは、セキュリティ脅威に関する世界的な状況をまとめた「2014年上半期脅威レポート」を公開した。

同社製品のユーザーから同社監視システムに報告された脅威をまとめたもの。もっとも報告が多かったのは、「Conficker」「Kido」といった別名でも知られる「DOWNADUP」で31%を占めた。

同マルウェアは、Windowsの脆弱性を悪用しておもにリムーバブルメディアや共有ネットワークを介して拡散するワーム。すでに発見されてから6年が経過しているが、依然として活発に活動している。

2位は「ウェブベースの攻撃」で全体の20%にのぼる。悪意あるサイトにリダイレクトし、おもに脆弱性を悪用してマルウェアなどに感染させる。次いで多かったのは、Java開発プラットフォームにおける脆弱性を狙ったエクスプロイトの総称である「MAJAVA」で、全体の11%だった。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱