Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修会の案内メール誤送信で関係者のアドレス流出 - 三重県

三重県は、農業研究所が送信した研修会案内メールで人為的な送信ミスが発生し、送信先のメールアドレスが流出したと発表した。

7月22日に研修会の案内メールを関係者258人に送信した際、送信先アドレスの設定ミスにより、全員のメールアドレスが表示された状態で送られたもの。

翌23日に受信者からの連絡があり判明。対象者には同日中にメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を要請。

282人については電話、1人はメールでメールの削除について同意を取り付けた。2名についても連絡を取っている。さらに住所を把握していた278人には、所長名で謝罪する文書を送付したという。

(Security NEXT - 2014/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統計調査員の個人情報含む研修名簿を紛失 - 大阪市
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター
委託先が研修案内メール誤送信、メアド流出 - 東京観光財団
フォーム送信情報を誤送信、サンプルメアドへ - 日本自然保護協会
患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
関連機関で性的少数者の個人情報を漏洩 - 富士市
メール誤送信で関係者のメアド流出 - プロ野球OBクラブ
委託先が個人情報記載の検針一覧表を紛失 - 長浜水道企業団
誤送信で学生ボランティアのメールアドレス流出、同様事故過去にも - 北海道
返信先FAX番号の誤記載で個人情報が漏洩 - パナソニック関連会社