Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報163件が所在不明、誤廃棄の可能性と説明 - りそな銀

りそな銀行において、顧客情報が記載された公金納付書控え163件を紛失したことがわかった。

同行くずは支店で、2014年4月1日から同月30日までの府税や府営住宅使用料、府立学校納付金、放置違反金など公金納付書の控え163件が所在不明となっているもの。これら書類には、氏名や納付金額のほか、書類によっては住所や電話番号、学校番号、生徒番号、自動車登録番号、住宅番号なども含まれる。

同行では、保管作業の際に誤って廃棄した可能性が高いと説明しており、これら書類に関する問い合わせなども寄せられていないという。紛失書類に関わる公金の収納手続きも完了しており、影響などはないとしている。

(Security NEXT - 2014/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報約250万件含む磁気テープを紛失 - みずほ総研
データの受け渡し過程でバックアップデータ紛失 - 豊橋市
入出金サーバに不正アクセス、顧客情報流出か - サクソバンク証券
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報含む伝票を紛失、誤廃棄の可能性 - 百十四銀
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
委託先で取引情報含むHDD2台が所在不明 - 三井住友銀
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
小説投稿サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
顧客情報含む通知書が輸送会社で所在不明に - 北洋銀