Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメールアカウントが乗っ取り被害、フィッシングの踏み台に - 名古屋学院大

名古屋学院大学は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量のフィッシングメールが国内外に送信されていたことを明らかにした。

同大学によれば、5月末ごろに職員のアカウントに対する不正アクセスが発生。フィッシングメールを送信するための踏み台としてアカウントを悪用されたという。フィッシングにより詐取された職員のアカウント情報が、今回の不正送信に利用されたという。

乗っ取り当初は、おもに海外のメールアドレスに対するフィッシングメールの送信に悪用されたが、6月9日には、国内の大学や企業に対しても送信に利用された。送信先は約5800件にのぼるという。

同大では、6月9日12時に対象アカウントのパスワードを変更。フィッシングサイトへの学内からのアクセスをブロック。またメールアカウント以外の情報システムに対する不正侵入や改ざん、個人情報の流出などについては否定している。同大では、同大ドメインよりフィッシングメールが送信されたことについて謝罪するとともに、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
職員と部署のメールアカウントに不正アクセス、メール漏洩やスパム送信など - 明大
産総研への不正アクセス、職員ID約8000件でPW試行 - 平日夕方から深夜に活動
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大