Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメールアカウントが乗っ取り被害、フィッシングの踏み台に - 名古屋学院大

名古屋学院大学は、職員のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量のフィッシングメールが国内外に送信されていたことを明らかにした。

同大学によれば、5月末ごろに職員のアカウントに対する不正アクセスが発生。フィッシングメールを送信するための踏み台としてアカウントを悪用されたという。フィッシングにより詐取された職員のアカウント情報が、今回の不正送信に利用されたという。

乗っ取り当初は、おもに海外のメールアドレスに対するフィッシングメールの送信に悪用されたが、6月9日には、国内の大学や企業に対しても送信に利用された。送信先は約5800件にのぼるという。

同大では、6月9日12時に対象アカウントのパスワードを変更。フィッシングサイトへの学内からのアクセスをブロック。またメールアカウント以外の情報システムに対する不正侵入や改ざん、個人情報の流出などについては否定している。同大では、同大ドメインよりフィッシングメールが送信されたことについて謝罪するとともに、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
オープンリレー状態でスパム送信の踏み台に - 富山市教委
島根県立大、学生アカウント乗っ取り被害でスパムの踏み台に - 原因は調査中
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に