Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、クライアントソフト不要のMITB対策ソリューション

セキュアブレインは、ネットバンキング向け不正送金対策ソリューション「PhishWallクライアントレス」を開発した。販売面で協業した日立システムズが、金融機関向けに展開する。

同ソリューションは、マルウェアによりブラウザの表示内容を改ざんしたり、情報を盗むマンインザブラウザ(MITB)攻撃を防止するオンラインバンキング向けのセキュリティソリューション。オンラインバンキングを利用するパソコンへソフトをインストールすることなく、MITB攻撃を防御できるという。

金融機関側で同ソリューションを導入すると、ウェブサイトにユーザーがアクセスすると同時に、パソコンブラウザがMITB攻撃を行うウイルスによって改ざんされていないか自動的にチェックを行い、改ざんを検知した場合は警告メッセージを表示するとともに、ユーザーによる画面入力を遮断できる。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性