Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを

Hewlett Packard Enterprise傘下のHPE Aruba Networking(旧Aruba Networks)が提供するアクセスポイントに深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

現地時間5月14日にセキュリティアドバイザリを公開し、アクセスポイントが搭載する「ArubaOS」「InstantOS」の脆弱性あわせて18件を明らかにしたもの。いずれもバグ報奨金プログラムなどを通じて報告を受けたという。

8件の脆弱性については、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが「9.8」、重要度が「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

具体的には、PAPIプロトコルの処理において認証なしにバッファオーバーフローを引き起こすことが可能となる「CVE-2024-31466」「CVE-2024-31467」「CVE-2024-31468」「CVE-2024-31469」やコマンドイジェクションの脆弱性「CVE-2024-31471」「CVE-2024-31472」などに対応した。

4件の脆弱性については重要度を「高(High)」、6件は「中(Medium)」とレーティングしている。

(Security NEXT - 2024/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供
Arm製「Mali GPUカーネルドライバ」の旧版に脆弱性 - 悪用も
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も