Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、多層型サンドボックスアプライアンスの新製品を国内リリース

フォーティネットジャパンは、サンドボックス技術を活用したセキュリティソリューションの新製品「FortiSandbox-1000D」を、国内で出荷開始した。

同製品は、保護された領域でプログラムの挙動を分析し、未知の脅威を検出するサンドボックス技術を活用したアプライアンス。不審なコードに対して、ウイルス対策エンジン、クラウドベースの脅威データベースとの照会、OSから独立したコードエミュレータによるシミュレーションなどでスクリーニングを行ったうえで、仮想マシン環境で実行し、マルウェアであるか判定する。

ウイルス対策エンジンでは、1時間あたり6000件のスキャン処理が可能。また同時に8台の仮想マシンを稼働させることが可能で、1時間あたり160件のファイルを処理することが可能。

スタンドアロンで利用するだけでなく、マルウェアと判定した場合は、マルウェア対策用のシグネチャをFortiGuard Labsで作成。あたらしいシグネチャは、サブスクリプションサービスによって、UTMアプライアンス「FortiGate」や、メールセキュリティアプライアンス「FortiMail」向けに自動的に配信し、活用できる。

(Security NEXT - 2014/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
デスクトップ向け「Chrome」が更新 - サンドボックス回避など脆弱性4件を修正
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意