Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月はスパム割合が上昇、FAX受信のメール通知を装うウイルスメールも - Kasperskyレポート

露Kaspersky Labは、4月に送信されたスパムメールの状況を取りまとめた。イースターのグリーティングカードや、ファックス受信のメール通知を装う悪質なスパムが出回っているという。

同社によれば、4月の全世界のメールトラフィックにおけるスパムの割合は71.1%で、前月から7.6ポイント増加した。4月には、オンラインファックスサービス「eFax」を装った大規模な攻撃を検知。受信ファックスを装ったファイルを添付して送信するというもので、ファイルを開くと「Trojan-Downloader.Win32.Cabby.a」に感染する。これはダウンローダー型トロイの木馬で、Zeusの亜種である「Trojan-Spy.Win32.Zbot.shqe」をダウンロードする。

さらにイースターのグリーティングカードを装い、トロイの木馬「Fareit.aonw」を送りつけるスパムも確認。同マルウェアは、サーバを攻撃して個人情報を盗む「Zbot Trojan-Spy」をダウンロードする。

またフィッシングの状況を見ると、攻撃の標的となったのは、「メールおよび検索エンジンサイト」が最多で31.9%。「SNS(23.8%)」「金融・決済機関(13%)」と続く。

最大のターゲットとなったのは、中国のISPであるTencent。インスタントメッセンジャーのサポートを装ったメールでフィッシングサイトへ誘導し、アカウント情報の詐取を試みる。また、特定銘柄の株価を故意に吊り上げることを目的とした「Pump and Dump」スパムなども流通した。

(Security NEXT - 2014/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍