Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エネルギア、ウイルス対策とPW管理を一部接続サービスで標準提供

エネルギア・コミュニケーションズは,同社のインターネット接続サービスに、セキュリティ対策ソフトとパスワード管理ソフトを標準サービスとして追加した。

トレンドマイクロの「ウイルスバスターマルチデバイス」と「パスワードマネージャー」の月額版を、メガ・エッグ光ネットの一部プランへ標準サービスとして採用したもの。

不正に取得したパスワードにより、パスワードの使い回しを行っているユーザーを狙う「パスワードリスト攻撃」が発生しており、IDやパスワードを適切に管理するニーズが高まっているとし、これらソフトの提供によってサービスの強化を図る。

(Security NEXT - 2014/05/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る