Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「グランドピアニスト」音源サービスに不正アクセス - 会員情報流出の可能性

セガトイズが提供している音楽プレイヤー「グランドピアニスト」の音源データダウンロードサービスに対して不正アクセスがあり、会員情報が削除されたり流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、3月31日にダウンロードサービスの会員からウェブサイトへログインできないとの指摘があり、調査をしたところ4月21日に不正アクセスが判明した。委託先のミツエーリンクスが同サービスで用いていた独自の管理ツールが原因だという。

この不正アクセスにより、会員799人のID、パスワード、メールアドレス、性別、年齢層、都道府県、ポイント残高などの情報が削除または流出した可能性があるという。クレジットカード情報など決済情報は別のサーバで管理しており、流出のおそれはないとしている。

今回の流出に、氏名や住所などは含まれないが、パスワードなどを他サービスと使い回している場合、悪用されるおそれもあるとして、早急にパスワードを変更するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
「ニンテンドーネットワークID」に不正ログイン - 約16万アカウントで
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響