Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートデバイス向けにリモートアクセスサービス「BizWalkers+ Mobile」を5月8日より提供開始する。

同サービスは、同社のビジネスユーザー向けサービス「BizWalkers+」の第1弾として展開するもの。「Office 365」や「Google Apps for Business」といったクラウドサービスと連携し、スマートデバイスにインストールした専用ブラウザよりシングルサインオンでメールやグループウェアなどを利用できる。

専用ブラウザでは、メールの添付ファイルをはじめ、デバイスにデータを残存させずに閲覧することが可能。また二要素認証に対応しており、許可した私有端末のみアクセスを許可できる。

同社では開始初年度に1億円の売上を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
セキュ対策などテレワークに必要な機能のパッケージ
フォレンジック調査をサービスメニューに追加 - イエラエ
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド