Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートデバイス向けにリモートアクセスサービス「BizWalkers+ Mobile」を5月8日より提供開始する。

同サービスは、同社のビジネスユーザー向けサービス「BizWalkers+」の第1弾として展開するもの。「Office 365」や「Google Apps for Business」といったクラウドサービスと連携し、スマートデバイスにインストールした専用ブラウザよりシングルサインオンでメールやグループウェアなどを利用できる。

専用ブラウザでは、メールの添付ファイルをはじめ、デバイスにデータを残存させずに閲覧することが可能。また二要素認証に対応しており、許可した私有端末のみアクセスを許可できる。

同社では開始初年度に1億円の売上を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
SiSOC TOKYOとDDS、皮膚の微細構造を用いる指紋認証
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応