Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、BYODをサポートするリモートアクセスサービス

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、スマートデバイス向けにリモートアクセスサービス「BizWalkers+ Mobile」を5月8日より提供開始する。

同サービスは、同社のビジネスユーザー向けサービス「BizWalkers+」の第1弾として展開するもの。「Office 365」や「Google Apps for Business」といったクラウドサービスと連携し、スマートデバイスにインストールした専用ブラウザよりシングルサインオンでメールやグループウェアなどを利用できる。

専用ブラウザでは、メールの添付ファイルをはじめ、デバイスにデータを残存させずに閲覧することが可能。また二要素認証に対応しており、許可した私有端末のみアクセスを許可できる。

同社では開始初年度に1億円の売上を目指して同サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応