Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西、「フレッツ光」ユーザー向けにウェブフィルタリングサービスを提供

NTT西日本は、「フレッツ光」ユーザー向けサービスとして、ウェブフィルタリングサービス「セキュリティ機能まるごとWebフィルター」を提供開始した。

西日本エリアの「フレッツ 光ネクスト」または「フレッツ 光ライト」ユーザーを対象としたサービスで、同機能の利用料は1契約あたり月額205円。

同サービスは、PCやタブレット端末、ゲーム機などにウェブフィルタリング機能を提供することで、安全なインターネット利用を実現するもの。

アルプスシステムインテグレーションの技術を採用したURLフィルタリング機能では、有害サイトや詐欺サイトへのアクセスを制御する。また、ユーザーの年齢に応じてフィルタリングカテゴリや利用時間帯を設定できるペアレンタルコントロール機能も提供する。

同社のホームゲートウェイを介して機能を提供するため、端末へのソフトのインストールが不要。ただし、「RT-500/PR-500」で始まる型番のホームゲートウェイの利用が必要となる。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ