Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ

NTTドコモは、カテゴリーやURLごとのアクセス制御に対応する法人向けフィルタリングサービス「ビジネスアクセスマネージャー」を9月1日より提供開始する。

同サービスは、ギガプランを利用する法人向けに提供するもので、「5G」や「LTE」などの同社通信網や「ドコモビジネスWi-Fi」の利用時にフィルタリング機能を利用できる。

端末ごとの初期設定は不要で、「カテゴリ制限方式」では、あらかじめ用意されたカテゴリを選択し、閲覧可否のレベルを3段階より調整可能。また「アクセス先指定方式」では、前方一致や後方一致、完全一致により、対象とするURLを個別に指定することができる。

同サービスの利用料金は月額330円(税込)。ギガプランでは、同サービスが契約に含まれており、追加料金なしに利用できるとしている。

(Security NEXT - 2021/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ