Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Flash Playerの脆弱性2件を修正 - セキュリティ機能のバイパスなど修正

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」における2件の脆弱性を修正するセキュリティアップデートを公開した。全プラットフォームが対象となっている。

今回のアップデートは、セキュリティ機能がバイパスされる脆弱性「CVE-2014-0503」や、クリップボードのデータが取得される脆弱性「CVE-2014-0504」を解消したプログラム。

同社は、WindowsおよびMac OS X向けに最新版となる「同12.0.0.77
」を提供。最新版へアップデートできないユーザーには「同11.7.700.272」を用意している。またLinux向けには「同11.2.202.346」を提供する。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」以降に同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応する。

今回のアップデートについて適用優先度を見ると、3段階中もっとも高い「1」にレーティングされたプラットフォームはなかった。

Linux向けのプログラムについては、30日以内のアップデートを目安とする「2」としており、「Linux」については3段階中もっとも低い「3」に設定している。

(Security NEXT - 2014/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「Flash Player」の偽更新プログラムに注意 - 正規更新で攻撃を隠ぺい
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
「Adobe Flash Player」の新版がリリース - 脆弱性1件を修正
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件