Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

LODESTAR、Emsisoft製セキュリティ対策ソフトを発売 - 非常駐型の無料版も

LODESTAR JAPANは、オーストリアのEmsisoft製コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「Emsisoft Anti-Malware」の販売を開始した。無料で利用できる「Emsisoft Emergency Kit Free」も用意している。

同ソフトは、EmsisoftとBitDefenderの検知エンジンを搭載したWindows向けのセキュリティ対策ソフト。常駐しながら他セキュリティ対策ソフトと併用できることが特徴だという。

危険なウェブサイトへのアクセスを遮断する「セーフサーフ機能」のほか、実行中のプログラムを監視し、疑わしい動作を検知する「ビヘイビアブロッカー技術」を搭載。またクラウドにより新種マルウェアをチェックする「ライブプロテクション」を備えている。

またインストールせずに無料で利用できる非常駐型のセキュリティ対策ソフト「Emsisoft Emergency Kit Free」を用意。ウイルス検知や駆除が可能なほか、マルウェアを手動で除去するためのシステム分析ツールや削除困難なマルウェアをWindows起動時に削除するツールなどを同梱している。

1台のPCにおいて1年間利用できる「Emsisoft Anti-Malware」の価格は3790円。3台版は6571円。4月11日までは特別価格で提供するキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売