Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ

カスペルスキーは、法人向けに「Kaspersky Security for Windows Server」の新版を提供開始した。

同製品は、「Windows Server」向けのセキュリティ対策ソフト。脆弱性に対する攻撃のブロックや起動するアプリケーションの制御、意図しない暗号化攻撃を防止する機能などを備えている。

最新版となる「同11」では、ネットワーク脅威対策機能を搭載。ネットワークトラフィックをスキャンして、バッファオーバーランやポートスキャン、DoS攻撃などを検知し、アクセスを自動でブロックすることが可能となった。

また同社のEDR製品「Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum」や、サンドボックス製品「Kaspersky Sandbox」との連携が可能。また「Kaspersky Security Center」のウェブコンソールによる統合管理に対応した。

年間利用料は、1ライセンスあたり2万1000円から(税別)。

(Security NEXT - 2020/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート切れ製造業システムの移行支援サービス - CEC
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI