Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ

カスペルスキーは、法人向けに「Kaspersky Security for Windows Server」の新版を提供開始した。

同製品は、「Windows Server」向けのセキュリティ対策ソフト。脆弱性に対する攻撃のブロックや起動するアプリケーションの制御、意図しない暗号化攻撃を防止する機能などを備えている。

最新版となる「同11」では、ネットワーク脅威対策機能を搭載。ネットワークトラフィックをスキャンして、バッファオーバーランやポートスキャン、DoS攻撃などを検知し、アクセスを自動でブロックすることが可能となった。

また同社のEDR製品「Kaspersky Endpoint Detection and Response Optimum」や、サンドボックス製品「Kaspersky Sandbox」との連携が可能。また「Kaspersky Security Center」のウェブコンソールによる統合管理に対応した。

年間利用料は、1ライセンスあたり2万1000円から(税別)。

(Security NEXT - 2020/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ブロックチェーンの脆弱性診断サービスを提供 - ProVision
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド