Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Bitcoin取引所のアカウント情報盗むMac向けマルウェア - 「BBEdit」など有名ソフトを偽装

Mac OS X向けの正規ソフトを装い、仮想通貨であるBitcoinを奪うマルウェアが拡散しているとして、スロバキアのESETが注意を呼びかけている。

同社によれば、「CoinThief」は、Mac OS Xに感染するトロイの木馬。ブラウザへ不正なアドオンを追加し、Bitcoin取引所やウォレットサイトのログイン情報を盗み出す。

トロイの木馬は、Macの定番エディタである「BBEdit」をはじめ、画像加工ソフト「Pixelmator」、ゲーム「Angry Birds」、蔵書管理ソフト「Delicious Library」など人気ソフトを装って配布されており、ファイル共有ネットワークのBitTorrentを通じて拡散しているという。

さらに同マルウェアは、2月はじめに「Download.com」や「MacUpdate.com」など、ソフトウェアポータル経由で「Bitcoin Ticker TTM」「BitVanity」「StealthBit」「Litecoin Ticker」などへ装って配布されたケースも確認されている。

同社では、ファイル共有ネットワークなどから海賊版アプリケーションを入手して利用しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
「Joruri Gw」に任意のファイルをアップロードされる脆弱性
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース