Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 365」とメールセキュリティをセットで提供 - ソフトバンクBB

ソフトバンクBBは、クラウド型グループウェア「Office 365 Exchange Online PLAN 1」とメールセキュリティサービスをセットにした「BBWorks Office 365 Outlook on クラウド」を提供開始した。

同パッケージは、「Office 365 Exchange Online」に、メールの誤送信防止と暗号化を行うソースポッドの「SPC Mail エスティー OOCプラン」と、メールの容量を無制限でアーカイブできる「BBWorks Mail Archive」をセットで提供するもの。ウイルス対策サービス「ウイルス対策クラウドサービスpowered by McAfee」のトライアル版も提供する。

価格は、1ユーザーあたり月額504円。1ユーザーライセンスにつき最大5台のPCやモバイルデバイスで利用できる。初期登録手数料は5250円だが、3月31日まで契約すると手数料を無料にするキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁