Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 365」とメールセキュリティをセットで提供 - ソフトバンクBB

ソフトバンクBBは、クラウド型グループウェア「Office 365 Exchange Online PLAN 1」とメールセキュリティサービスをセットにした「BBWorks Office 365 Outlook on クラウド」を提供開始した。

同パッケージは、「Office 365 Exchange Online」に、メールの誤送信防止と暗号化を行うソースポッドの「SPC Mail エスティー OOCプラン」と、メールの容量を無制限でアーカイブできる「BBWorks Mail Archive」をセットで提供するもの。ウイルス対策サービス「ウイルス対策クラウドサービスpowered by McAfee」のトライアル版も提供する。

価格は、1ユーザーあたり月額504円。1ユーザーライセンスにつき最大5台のPCやモバイルデバイスで利用できる。初期登録手数料は5250円だが、3月31日まで契約すると手数料を無料にするキャンペーンを実施している。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー