Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エネルギーや化学分野などでサイバーセキュリティ演習を実施 - 経産省

経済産業省は、電力、ガス、ビル、化学の4分野について、演習用模擬システムを使ったサイバーセキュリティ演習を実施する。

同演習は、重要インフラや工場プラントで使用される制御システムへのサイバー攻撃が多発している現状を受け、対応力を強化する目的で実施するもの。

各分野の事業者や業界団体、研究機関、制御システムベンダーなど民間と連携し、演習用模擬システムを使って、実際にインシデントが発生した場合の課題を検証する。

ガス分野は1月21日と2月24日、ビル分野は1月29日、化学分野は3月4日、電力分野は3月6日に実施予定。会場はいずれも、技術研究組合制御システムセキュリティセンター(CSSC)の東北多賀城本部。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘