Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、若年層技術者の支援プログラム「す・ご・う・で」をスタート

ラックは、20歳未満の若手技術者を資金面から支援するプログラム「す・ご・う・で」をスタートした。

同社ではこれまでも若年層IT技術者の支援活動を展開。技術を持った若者が多数活動していることから、より才能を伸ばすために今回のプログラムを企画。同企画を通じて情報セキュリティ人材の育成を支援していく。

具体的には、IT分野において将来の活躍が期待される有望な20歳未満の若者を対象に、ハードウェアやソフトウェア、資料の購入、セキュリティ技術競技への渡航費用として、年間100万円を上限にサポート。情報セキュリティ月間にあわせ、2014年2月より公募を開始する。

対象は、システム構築、プログラミング、ハッキング、アルゴリズム、ITを活用した卓越したアイディアを持ち、2014年4月1日の時点で20歳以下の個人、あるいは過半数以上が20歳未満のグループ。

同社のサイバー・グリッド研究所が選考、6月上旬に結果を発表し、支援活動を開始する。募集期間は、2014年2月から3月末まで。詳細は同プログラムのページから。

またサポートプログラムの開始にあたり、2013年度の支援として、灘校パソコン研究部を中心に結成されたチーム「EpsilonDelta」を選出。目録が贈られた。

(Security NEXT - 2013/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告