Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

妊婦の健康診断受診票466件を誤って廃棄 - 香取市

千葉県香取市は、妊婦健康診査受診者の個人情報が記載された帳票466件などを、ごみと間違えて廃棄していたことを明らかにした。

同市の健康づくり課において、9月30日に宅配便として受領した「妊婦健康診査請求書類一式」をごみと誤り、廃棄したもの。10月1日に委託業者が回収し、処分場で焼却処分されたと見られている。

誤廃棄したのは、医療機関委託妊婦健康診査受診票466枚で、受診者の氏名、住所、電話番号、生年月日、受診年月日、出産予定日などが記載されている。このほか、妊婦健康診査データ保存用DVDなども誤廃棄されたが、個人を特定できるデータは含まれないという。

同市では、データ保存用DVDを再発行し、そのデータをもとに健康診査受診票を復元するなどの対応を行う。また関係者に対し文書で謝罪する方針。

(Security NEXT - 2013/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
個人情報に関する事故3件を公表 - 住宅金融支援機構