Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、脅威対策の新プラットフォーム「Oculus」を発表 - 新モデル「NX 10000」を投入

ファイア・アイは、脅威対策の新プラットフォーム「Oculus」を発表した。さらに従来比4倍の性能を実現したという新モデル「NX 10000」を市場へ投入する。

「Oculus」では、シグネチャに依存せず仮想化技術を活用することで、外部から受信するファイルに対してマルウェア解析を行う「Multi-Vector Virtual Execution(MVX)エンジン」を搭載。また「Dynamic Threat Intelligence(DTI)」では、利用者のアプライアンスより収集した最新の脅威情報を活用できる。

さらに収集したビッグデータをリアルタイムに解析することで、想定される被害と実際の被害を把握することが可能。過去に発生した高度な標的型攻撃などの情報を同社のAPT検知センターにて解析し、セキュリティ対策の強化を支援する。

また同社は、セキュリティアプライアンスの新モデル「NX 10000」を発表した。ネットワークの境界に配置し、ウェブサイトやメール経由の攻撃や、組織内部で感染したマルウェアの通信を遮断する。

同モデルでは、マルチギガビットの通信速度に対応し、従来比4倍の性能を実現したという。またアプライアンスのサイズを従来の半分に抑え、消費電力を従来より約20%抑えている。

(Security NEXT - 2013/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供