Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧岐阜銀行休眠口座の印鑑票1万9000件が所在不明 - 十六銀行

十六銀行は、2012年に合併した旧岐阜銀行の47店舗が保管していた「休眠口座」に関わる印鑑票1万9172件が所在不明になっていることを明らかにした。誤廃棄の可能性が高いとしている。

同行によれば、10年以上取り引きのない「休眠口座」の印鑑票が、一部店舗で紛失していることが判明。これを受けて全店調査を実施した結果、47店舗において紛失していることがわかったという。

紛失したのは休眠口座の印鑑票1万9172件で、顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、職業、勤務先、口座番号、届出印などが記載されていたが、顧客によって含まれる情報の内容は異なる。

いずれも旧岐阜銀行では休眠口座の印鑑票を分けて保管していたが、一部が解約口座の印鑑票に混入。そのため、保存期限を10年としている解約印鑑票を期限経過後に廃棄した際、誤って一緒に処分した可能性が高いという。不正利用や外部流出などは確認されていない。

同行では、印鑑票紛失の対象となる預金を含め、休眠口座として整理した預金は、通帳や証書、届出印、本人確認書類の提示があれば払い戻しに応じるとしている。

(Security NEXT - 2013/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
保健所で個人情報含む書類を紛失 - 大阪府
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出