Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【書籍】企業内研修にも活用できる「フェイスブック 情報セキュリティと使用ルール」

あさ出版は、企業に影響を及ぼすFacebookのリスクについて、ケーススタディ形式で解説した「フェイスブック 情報セキュリティと使用ルール」を発売した。四六判変型で価格は840円。ISBNは「978-4-86063-620-3」。電子版も用意している。

130823_as_001.jpg

同書は、企業が直面するFacebook関連のトラブルを扱った解説書。早くからFacebookのリスクに注目している日本IBMのシニアセキュリティアナリストの守屋英一氏が執筆した。

従業員がFacebookを利用したり、企業が公式ページを運用する上で想定されるセキュリティ上の問題やトラブルについて幅広く取り上げており、効果的な対処法を知ることができる。

具体的には、なりすましアカウントによる情報詐取や、公開範囲の設定不備による情報漏洩、アカウント管理のミスによる不正アクセス、不適切な投稿による炎上、信用毀損など、トラブルごとに事例とその対処法でまとめた。社内研修のテキストとしても活用できる。

(Security NEXT - 2013/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
WordPress向けOGP設定用プラグインに脆弱性
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から