Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、米Blue Coatのクラウド型セキュリティサービスを販売開始

マクニカネットワークスは、米Blue Coat Systemsのクラウド型セキュリティサービス「Blue Coat Cloud Service」の取り扱いを開始した。

同サービスは、IPsecによる接続やプロキシ、ブラウザの設定、エージェントソフトを用いて、同社のネットワーク経由でインターネットへ接続するクラウド型セキュリティサービス。

利用する場所に関係なく日本語を含む54言語に対応したURLフィルタリングや、複数のウイルス対策エンジンを搭載したウイルス対策機能を利用できる。

アクセスポイントは、日本国内を含む全世界で設置。アクセス状況のレポート機能のほか、100日間のアクセスログを保存することが可能。アクセスログは、オプションにより保存期間を3年に延長できる。

WindowsやMac OS Xに対応するほか、iPhoneやiPadなどiOSデバイスに対応するオプションモジュールも用意している。Androidについては、今秋に対応する予定。

(Security NEXT - 2013/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放