Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、企業向けWindows XP対応製品のサポートを2016年6月末まで延長

エフセキュアは、Windows XPにインストールされている企業向けセキュリティ製品について、OSのサポート終了後も一定期間サポートを延長して提供すると発表した。

日本マイクロソフトによるWindows XPのサポートは2014年4月9日で終了となり、それ以降は修正プログラムは提供されなくなる。

エフセキュアでは、同OSが多くの企業で使われており、サポート終了までに移行を完了させるのは難しい状況であるとして、Windows XPから最新OSへの安全な移行を支援するため、延長サポートを決めたという。

延長サポートの対象となるのは、「エフセキュア クライアントセキュリティ」「エフセキュア アンチウイルスワークステーション」のバージョン11。追加費用なしで2016年6月30日までサポートが受けられる。

一方で同社は、脆弱性が修正されていないOSでは、セキュリティ対策製品を用いてもエクスプロイトから保護することができない可能性もあると危険性を説明しており、早期にサポート対象のOSへ移行することをあわせて推奨している。

(Security NEXT - 2013/07/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに