Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も

マイクロソフトは、2019年最後の月例セキュリティ更新を公開し、CVEベースで35件の脆弱性を修正した。一部でゼロデイ攻撃が確認されている。

20191211_ms_001.jpg
MSによるリリースノート

今回のアップデートは、「Windows」や同社ブラウザ「Internet Explorer」をはじめ、「Office」「SQL Server」「Visual Studio」「Skype for Business」の脆弱性へ対処したもの。

今回公表された脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」とされる脆弱性が7件、次いで深刻度が高い「重要」が28件、続く「警告」が1件の36件。ただし、このうち「重要」とされる脆弱性「CVE-2019-1489」については、サポートが終了した「Windows XP」の脆弱性であるため、アップデートは用意されていない。

脆弱性によって影響は異なるが、10件の脆弱性に関しては、リモートよりコードを実行されるおそれがある。

あわせて「権限の昇格」「情報漏洩」「サービス拒否」「なりすまし」「改ざん」「セキュリティ機能のバイパス」といった問題へ対処した。

(Security NEXT - 2019/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も