Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供

マイクロソフトは、5月の月例パッチでリモートより悪用されるおそれがある深刻な脆弱性「CVE-2019-0708」へ対処した。脆弱性が与える影響の大きさから、サポートが終了したOSに対してもアップデートを用意している。

5月の月例セキュリティ更新で、細工したRDPの接続要求により、コードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2019-0708」を修正したもの。脆弱性はリモートデスクトップサービスに存在し、RDPプロトコル自体の脆弱性ではないとしている。

「Windows 10」を含む「Windows 8」以降については脆弱性の影響を受けないが、現在サポートされている「Windows 7」「Windows Server 2008」「同R2」には脆弱性が存在。月例パッチで対処した。

さらに、2014年にサポートが終了している「Windows XP」「Windows Server 2003」も同脆弱性の影響を受けると指摘。影響の大きさから、同社ではこれらサポート外のOSに対してもアップデートを用意したという。

(Security NEXT - 2019/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施