Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を

「Windows 7」と「Windows Server 2008」のサポート期間が1カ月を切った。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

2020年最初となる1月14日の月例更新を最後にサポートが終了することから、あらためて注意喚起が行われたもの。サポートが終了するとセキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性の修正が困難となる。

2014年にサポートが終了した「Windows XP」は利用者が多く、移行がまにあわないケースが一部で発生。さらに終了直後、危険性が高い脆弱性が判明し、急遽例外的にアップデートが提供されるなどトラブルも見られた。

「Windows 7」は「Windows XP」から移行した利用者も多い。また「Windows Server 2008」については、サーバという性質上、バージョンを意識せずに利用されている可能性もある。移行漏れの端末が組織内に存在していないか、あらためて確認したい。

(Security NEXT - 2019/12/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSL」に4件の脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 100」が公開 - 機能強化や脆弱性修正を実施
Lenovo製ノートPCのBIOSに複数脆弱性 - 100モデル以上に影響
「Java SE」がアップデートで脆弱性7件を修正 - 「同7」延長サポートは7月に終了
Oracle、四半期パッチをリリース - のべ520件の脆弱性に対応
「Firefox 99」がリリースに、脆弱性11件を修正
「Firefox 98」がリリースに - 脆弱性7件を解消
「Spring4Shell」を修正したアップデートが公開 - 詳細明らかに
「Sophos Firewall」に深刻な脆弱性 - すでに悪用する攻撃も
「KINGSOFT Internet Security」など複数のキングソフト製品に脆弱性