Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス検索エンジンを一新した「G Data 2014」 - MITB対策機能も

G Data Softwareは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの最新版「G Data 2014」を7月5日よりジャングルを通じて販売開始する。

同製品は、マルウェアや迷惑メールの対策機能をはじめ、ファイアウォール、有害サイトのフィルタリング、フィッシング対策機能などを備えたセキュリティ対策ソフト。

同社では従来製品で2種類のウイルス検索エンジンを並列動作させていたが、最新版では単一のウイルス検索エンジンに変更。弱点部分のみ補完する新技術「CloseGap」により検知率を下げずにパフォーマンスを高めた。

またオンラインバンキングとの通信内容を改ざんする「マンインザブラウザ攻撃(MITB)」を防止する新機能「バンクガード」を搭載。ブラウザに依存せずに利用できる。

ラインナップには、「G Dataインターネットセキュリティ 2014」のほか、モバイル向けセキュリティを含むスイート「G Dataトータルプロテクション 2014」や、マルウェア対策に特化した「G Dataアンチウイルス 2014」を用意した。

(Security NEXT - 2013/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム