Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング対策協議会、事業者や消費者向けのガイドラインを改定 - NG集も用意

フィッシング対策協議会は、消費者や事業者向けに提供している「フィッシング対策ガイドライン」を改訂した。

同ガイドラインは、フィッシング詐欺の被害を未然に防ぐため、「サービス事業者」と「利用者」の両側面から実施すべきフィッシング詐欺対策について示したもの。

同協議会では、2012年度よりセキュリティ研究者や事業者で構成した「ガイドライン策定ワーキンググループ」を設置し、脅威や対策技術の動向を踏まえて改定を実施した。

今回の改定では、企業における被害抑制対策の要件として、認証システムでパスワードの長さや複雑さといったポリシーを定めることを盛り込んだ。利用者が設定したパスワードに対して強度を示したり、ポリシーに満たない場合は、注意を促すことや受け付けないことを推奨している。

また利用者の側面からは、サービスの初回利用時に「正しいURL」を確認することや、SSLを用いた通信で表示される「錠前マークを確認」「ログオン時にシステム管理者のアカウントを利用しない」ことへあらたに言及した。

さらに事業者におけるNG集を付録として用意。「利用者からの通報、相談窓口が明確でない」「利用者に送信するメールの様式がバラバラ」など、あやまった対策について紹介している。

(Security NEXT - 2013/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か