Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向け「Sleipnir」にアドレスバー偽装できる脆弱性

フェンリルがAndroid向けに提供しているブラウザアプリ「Sleipnir Mobile for Android」に、アドレスバーの内容を偽装できる脆弱性が含まれていることがわかった。修正済みのアップデートが提供されている。

今回見つかった「CVE-2013-2317」は、悪用することにより閲覧したページと異なるURLを表示できる脆弱性。フィッシングサイトが、アドレスバーに正規サイトのURLを表示するといった悪用が懸念される。すでに、脆弱性を修正した「同2.10」がGoogle Playにて公開されている。

今回の脆弱性は、Keita Haga氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2013/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
NTT東の一部「光ポータブル」にDNSキャッシュ汚染のおそれ - サポート終了で修正実施せず
「Dridex」感染キャンペーンで「Office」のゼロデイ脆弱性を悪用 - スキャナからのメール装う攻撃に注意
「Sleipnir for Mac」にアドレスバー偽装が可能となる脆弱性
糖尿病患者向け医療機器に複数の脆弱性 - インスリン不正投与のおそれ
Cisco ASAのSNMP処理にゼロデイ脆弱性「EXTRABACON」
「ImageMagick」に深刻な脆弱性「ImageTragick」 - すでに攻撃も
ワイアレスマウスに「MouseJack」の脆弱性 - 遠隔操作のおそれ
Huawei製モバイルルータに脆弱性 - 悪意あるサーバに誘導される可能性