Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小中学生のパソコン、4割はウイルス対策不足 - トレンドマイクロまとめ

子どもが利用するすべてのパソコンにおいてウイルス対策を講じている保護者は、約6割にとどまることがトレンドマイクロの調査でわかった。ペアレンタルコントロール機能を活用している保護者は約1割で、フィルタリング利用者とあわせても約3割と低迷している。

20130417_tm_001.jpg
セキュリティ対策の状況(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが3月28日から29日にかけて、小学4年生から中学3年生までのの保護者を対象に、インターネット上でアンケート調査を実施したもの。有効回答数は412。

同調査では、子どもが利用している端末のウイルス対策状況を尋ねたところ、すべての端末で対策を講じているとの回答は59.2%と6割に届かなかった。

URLフィルタリングを活用しているケースも18%と2割に満たず、セキュリティ対策ソフトなどの制限機能である「ペアレンタルコントロール」を活用しているケースは11.7%と活用が進んでいないという。

子どもによるSNSの利用に関しては、「利用させたくない(38.3%)」「どちらかというと利用させたくない(49.8%)」と否定的な意見が88.1%に上るが、保護者が公開範囲を定めているケースは54.1%と半数にとどまった。

(Security NEXT - 2013/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に