Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Tポイントサイトで「なりすまし」による不正ログイン - ポイント不正利用299件

TポイントやTカードの利用者向けサイト「Tサイト」において、なりすましによる不正ログインが発生した。299件のIDでポイントが不正に利用されたという。

同サイトを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブによれば、3月27日に利用者から身に覚えのないポイントの利用履歴があるとの連絡を受け、サービスを停止して調査を実施したところ、第三者が利用者になりすましたログインにより、ポイントを不正に利用されていたことがわかったという。

ポイントが不正に利用されたIDは299件にのぼり、いずれも3月26日に被害が集中していた。同社が外部より不正アクセスを受けた痕跡は確認されておらず、IDとパスワードの流出については否定している。

同社では、不正利用が確認された利用者に個別に連絡し、パスワードを変更するよう案内した。今後は、不正ログインの予防や検知強化、利用者への注意喚起などを実施していくという。

(Security NEXT - 2013/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
「すかいらーく」のなりすまし - 宅配の注文準備中と焦らせる手口
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
低消費電力通信「Bluetooth」に複数脆弱性 - なりすまし攻撃「BIAS」が判明