Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本的経営が内部不正を誘発する可能性 - IPA報告書

情報処理推進機構(IPA)は、有識者による「日本的経営と情報セキュリティ研究会」の報告書を取りまとめた。

同研究会は、商学、経営学、社会心理学、会社法などの有識者が参加し、日本特有の企業環境において、情報セキュリティを定着させるための施策について検討している。

ボトムアップを中心とする「日本的経営」のなかで、トップダウンが不可欠な情報セキュリティ経営をいかに実現するべきか議論し、セキュリティ経営の必要性、経営者のマネジメントのあり方など報告書にまとめた。

また企業における組織的な内部犯罪と、日本的経営を特徴付ける「終身雇用」との関係性についても調査を実施。

雇用の安定、職場環境の向上、組織の価値を従業員に周知することが不正防止に役立つ一方、組織への一体感、功利的な帰属意識や人間関係など、日本的経営の要素が、内部の組織的な不正を誘発する可能性もあると指摘している。

(Security NEXT - 2013/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
学生や職員などアカウント情報4.3万件が漏洩 - 法政大
顧客情報含む内部資料が所在不明に - 沖縄銀