Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「遅刻」「雑談」多いとインシデント起こしやすい傾向 - JNSAまとめ

日本ネットワークセキュリティ協会は、セキュリティインシデントの発生状況についてアンケート調査を実施し、報告書として取りまとめた。

同報告書は、情報セキュリティインシデントに関するアンケートを就業者を対象に実施し、取りまとめたもの。有効回答数は2万2340。同協会では、これまでもメディア報道を元に調査を行っているが、実態と乖離している懸念があるとして調査を実施した。

1年間の発生率は、「メールの誤送信」が11.8%で最多。「SNSへの不適切な書き込み」が3.3%で2番目に多かった。「携帯電話の紛失盗難(2.6%)」「USBメモリの紛失盗難(2.4%)」「パソコンの紛失盗難(1.5%)」が続く。

また同調査では、個人の知識、行動、性格なども調査対象とし、インシデント経験の関係性を分析。「遅刻」や「約束の勘違い」、業務に関係ない「SNS書き込み」「雑談」といった行動を取る場合、インシデントを引き起こしやすい傾向が見られたという。

(Security NEXT - 2013/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ