Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

沖電気、クラウド上のデータをディスクボリューム単位で暗号化するサービス

沖電気工業は、クラウド基盤サービス「EXaaSプラットフォームサービス」に、データを暗号化できる「データ保護サービス」を追加した。

同サービスは、企業向けクラウド基盤サービスのセキュリティサービスメニューとして提供されるもの。クラウド基盤上の仮想マシンをディスクボリューム単位で暗号化することで、情報漏洩を防止する。

暗号化したディスクボリュームのコントロール権はユーザー側が持ち、ユーザーが許可しない限りデータの閲覧は不可能。サービス解約時や機器破損時、情報漏洩が疑われる場合などは、速やかにデータ閲覧を停止できる。また暗号鍵は第三者機関が運営する鍵管理データセンターで管理する。価格は、1鍵あたり1万5750円。

(Security NEXT - 2012/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース