Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシス、ポップアップ表示で従業員のセキュリティ意識を向上させるサービス

日本ユニシスは、わかりやすいキャッチフレーズとイラストのポップアップ表示で情報セキュリティを学べるサービス「SECUPOP」を提供開始した。

同サービスは、PCログイン時に情報セキュリティを啓発するキャッチフレーズとイラストを自動的にポップアップ表示することで、従業員のセキュリティ意識を向上させるサービス。継続的に毎日30秒ほどの情報を表示することで、セキュリティに関する知識や意識を高める。

キャッチフレーズは「その宛先、あってますか?」や「不審なメールにご用心!」などシンプルなもので、定期的に更新。汎用コンテンツから選択できるほか、企業の要望にあわせたオリジナルコンテンツも作成できる。

価格は、6カ月で86万1000円。契約期間中は、最新の情報セキュリティ啓発イラストを自由に利用できる。

(Security NEXT - 2012/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供