Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルセキュリティ市場、前年比6割増 - ウイルス対策製品の需要が牽引

IDC Japanは、2011年の国内モバイルセキュリティ市場規模、および2016年までの成長予測を発表した。

レポートによると、2011年の国内モバイルセキュリティ市場の市場規模は37億円。スマートフォンの市場拡大にくわえ、Androidを狙ったマルウェアの急増が後押しし、前年比60.6%の高い成長率となった。

2012年以降もコンシューマー市場を中心にAndroid向けウイルス対策製品の需要は高く、2016年までの年間平均成長率は22.9%、市場規模は103億円に拡大すると予測している。

分野別に見ると、2011年の国内モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理市場は、前年比成長率が67.9%で市場規模は23億円。デバイス管理やウイルス対策などにおいて高い需要が見込まれ、2016年までの年間平均成長率は22.5%、市場規模は65億円と予測している。

国内モバイルアイデンティティ/アクセス管理市場の2011年の市場規模は5億円で、成長率は53.2%だった。ワンタイムパスワードやSSL証明書による認証、リスクベース認証などをパスワード認証と組み合わせた多要素認証ソリューションや、シングルサインオンなどの需要は今後も継続すると分析。2016年までの平均成長率は28.7%と市場の中で最も高く、規模は17億円に拡大すると予測している。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
LINE、脆弱性報奨金プログラムの実施状況を発表
リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う