Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルセキュリティ市場、前年比6割増 - ウイルス対策製品の需要が牽引

IDC Japanは、2011年の国内モバイルセキュリティ市場規模、および2016年までの成長予測を発表した。

レポートによると、2011年の国内モバイルセキュリティ市場の市場規模は37億円。スマートフォンの市場拡大にくわえ、Androidを狙ったマルウェアの急増が後押しし、前年比60.6%の高い成長率となった。

2012年以降もコンシューマー市場を中心にAndroid向けウイルス対策製品の需要は高く、2016年までの年間平均成長率は22.9%、市場規模は103億円に拡大すると予測している。

分野別に見ると、2011年の国内モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理市場は、前年比成長率が67.9%で市場規模は23億円。デバイス管理やウイルス対策などにおいて高い需要が見込まれ、2016年までの年間平均成長率は22.5%、市場規模は65億円と予測している。

国内モバイルアイデンティティ/アクセス管理市場の2011年の市場規模は5億円で、成長率は53.2%だった。ワンタイムパスワードやSSL証明書による認証、リスクベース認証などをパスワード認証と組み合わせた多要素認証ソリューションや、シングルサインオンなどの需要は今後も継続すると分析。2016年までの平均成長率は28.7%と市場の中で最も高く、規模は17億円に拡大すると予測している。

(Security NEXT - 2012/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
JSSEC、「Andorid 7.0」に対応したセキュアコーディングガイド