Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エクスプロイトキットの性能が向上、複数脆弱性への攻撃が容易に - エフセキュアレポート

エフセキュアは、2012年上半期における脅威を分析したレポート「Threat Report H1 2012」を公開した。

同レポートでは、2012年上半期の脅威における目立った傾向として、脆弱性を悪用したマルウェアの拡散を指摘。エクスプロイトキットの性能が向上したことで、複数の脆弱性攻撃が容易に行えるようになったことを、原因のひとつに挙げている。なかでも「Blackhole」は、2010年の登場以急速に拡散し、100以上の亜種を確認したという。

また、オンラインバンキングのアカウント情報を盗むトロイの木馬「Zeus」や、脅迫行為を目的とした「ランサムウェア」が増加。偽ウイルス対策ソフトも依然としてまん延しており、金銭詐取を目的としたマルウェアの拡散が続いている。

またモバイル分野では、Androidを狙った脅威が増加。2012年第2四半期だけでも、悪意あるファイルの検出は65%増加した。Androidをターゲットにしたドライブバイダウンロード攻撃もはじめて確認されたという。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に